葉酸サプリの効果とは?おすすめの葉酸サプリの選び方!

 

 

葉酸サプリの効果とは?おすすめの葉酸サプリの選び方!

 

葉酸は妊婦さんに必要とされている成分で構成労働省からも妊娠希望の女性に対して、葉酸を摂取するように勧められています。そんな葉酸は実は1900年代の初めにインドで発見されました。
その当時は、葉酸は妊婦産への効果でなく、悪性貧血を改善する効果があるものとして、注目されていました。
しかし研究をすすめるにつれて葉酸の働きは、細胞の再生を促進または正常にする働きがあると注目され、さらに研究が進み葉酸を摂取することによって、妊娠初期の胎児の細胞分裂の働きを助ける事によって、胎児の先天性異常などの病気を防ぐ効果がある事が分かりました。

 

ここで葉酸の一番の効果、胎児の先天性異常の働きを助ける働きについて説明していきます。

葉酸サプリの効果とは?おすすめの葉酸サプリの選び方!

 

先天性異常のリスクを減らす可能性があるという事が、世界中の様々な研究者から、言われはじめ、1991年、先進国7カ国(アメリカ、カナダ、ニュージーランドなど)でなんと33カ所の研究施設で、世界的にもかなり大きな規模の臨床試験が行われました。その臨床試験は、葉酸を摂取する妊婦さんと摂取しない妊婦さんを比べたところ、なんと葉酸を摂取する妊婦さんは先天性異常のリスクがなんと72%も低くなる事が分かりました。
その結果、アメリカをはじめ多くの臨床実験開催国でこのような結果になり、「葉酸が先天性異常のリスク」を下げる事が分かり1992年に、多くの国で葉酸を妊婦さんへ推薦する動きが推薦されました。

 

そしてアメリカではなんと、葉酸が義務化がされました。
葉酸の義務化というと葉酸サプリを毎日飲まされるの?

 

って思うかも知れませんが、そうではなく
葉酸をパスタや、シリアルの主食類に添付する事です。

 

そうする事によって葉酸を意識せずに摂取する事により、
アメリカでは先天性異常の胎児の出産率がなんと8分の1にも下がったと言われています。
またそれだけでなく、葉酸には血管をキレイにする効果もあり、
高血圧や動脈硬化も2割程減ったと言われています。
葉酸を義務化するだけでこんなに、変化があるんですね・・・。
そして日本も他国が1992年に葉酸を推薦しはじめてから遅れる事8年2000年にやった厚生労働省から発表され、また
2002年には母子手帳にも記載されましたが・・・葉酸の認知度は日本ではまだまだ低く、妊婦さんを対象にした検査では1日に必要な葉酸摂取量400マイクログラムの摂取量をちゃんと取れている妊婦さんは全体の4割しかいなかったようです。

 

それほど葉酸の摂取は難しいの?

 

実は葉酸を摂取するのは、少し難しく上でも紹介したように葉酸は水溶性ビタミンの一種であり、水溶性ビタミンは水に非常に溶け易いという欠点があります。水に溶け易いとはどういう事かというと、例えば葉酸が多く含まれている「ほうれん草」で、パスタを作ろうと思うと、ほうれん草を茹でますよね?その時に葉酸の半分は水の中に溶けてしまい、本来の量を上手く摂取できません。しかも、厚生労働省の調べによると、60度のお湯に入れただけで葉酸の半分は流れてしまうそうです・・・それ程葉酸は非常に取りにくい成分なんですね。なので葉酸を摂取する時に厚生労働省も「葉酸」ではなく「葉酸サプリメント」での摂取を推薦しています。もし400マイクログラムをほうれん草で摂取しようと思えば、400g以上のほうれん草を摂取しないといけません。そう考えると、葉酸サプリの方が摂取しやすいかもしれません。

 

 

 

 

ココで葉酸の効果を紹介します♪

葉酸の効果って意外に知られていませんよね?
妊婦さんにいいってだけは分かってるけど・・・具体的にといわれると、あまり分からないですよね。
そこで葉酸の効果について詳しく説明していきます。

 

【葉酸の7つの効果】

葉酸サプリの効果とは?おすすめの葉酸サプリの選び方!

 

 

ただ葉酸サプリを選ぶにもポイントがあります!

 

葉酸サプリ15種類をためした私だから言える3つのポイントは

 

1 値段も視野に!

妊活は人によってそれぞれです。私たち夫婦のように2年以上の妊活コースになる夫婦ももちろんいます。逆に3ヶ月程で妊娠できた夫婦ももちろんいます。どらくらい妊活が続くのかは正直誰にも予測できません・・・そのために、安全活コスパの良い葉酸サプリを選ぶ事が重要です。

 

 

2 合成か天然か、自分にあった葉酸サプリを探す!

 

合成成分と天然成分の違いについて説明していきます。
合成成分の場合は、天然成分と違い、成分が化学薬品や安いものに関しては石油由来でできているためその分、安全性は確かではありません、そして体への吸収率も非常に悪く、天然のものの半分以下と言われています。しかし、合成成分は粒の大きさが小さく、サプリメントの飲む量も少なくて済むというメリットがあります。

 

逆に天然の葉酸サプリはこれと真逆です。
天然の葉酸サプリの場合は、天然成分らら作られているので、その分、安全性も高く普段口にしている野菜などから成分も取っているので体にすぐに吸収されます。言ってみれば、食事の延長線上の考えです。
しかし、化学成分を使わないので、粒の大きさに限界があります。小さくしようと思っても、小さくできないので自然とサプリメントを飲む数が4粒と多くなってしまい。また野菜や魚から成分を抽出しるので、その分手間がかかるので価格的にも合成成分のものに比べて高くなってしまうデメリットがあります。
価格ととるか、安全性と成分の良さを取るかです。

 

3 安全性の確保

GMP基準がちゃんと満たされていか?放射線のチェックがちゃんと済んでいるかも重要になります。GMP基準んとは本来医薬品などに使われる基準でサプリメントの先進国アメリカではサプリメントも医薬品と同じように考えだし、どこのサプリメントメーカも安全性の確保のために、GMPという国際基準が義務かされているため、アメリカはどのサプリメントも安全性が高いサプリメントとされています。しかし、日本では GMP基準を任意で義務化していないため、ドラックストアなどで葉酸コーナーを見たら分かるともうのですが、添加物が入っている葉酸サプリや安く危険性の高い葉酸サプリが沢山売られています。これは自社の基準でしかチッックしなくていいため、基準が正直な所、曖昧な所があります。

 

ただ葉酸サプリ15商品調べた中でちゃんとGMP基準を満たしている葉酸サプリはベルタ葉酸サプリとAFC葉酸サプリのこの2種類だけでした。これらの3点を葉酸サプリの選ぶポイントとして使っていただければ参考になります。

 

更新履歴